歯石除去

定期的な歯石除去をおすすめします

犬や猫では、虫歯の発生はほとんど見られません。最も多い問題は歯石が付着したことによって起こる歯周病です。8割程度の動物が何らかの歯周病にかかっていると言われています。
歯周病を防ぎ、いつまでも健康な歯で食事をするためにも、定期的な歯石除去をおすすめします。

歯石が付くとどうなるの?

重度に歯石が付着すると歯周病が進行し、痛みのために食事を取れなくなってしまいます。
歯周病がひどくなると眼の下の皮膚から膿を排出するようになります。

どうやってとるの?

歯石は超音波スケーラーを使用し除去します。次にポリッシングといって、スケーリングで傷ついた歯の表面を磨いてあげる必要があります。最後に、フッ素を歯の表面にコーティングします。
そうすることによって、歯石の再付着を遅らせることができます。動物の恐怖心をとることと、歯石の吸引による肺炎を防ぐために、これらの処置は、全身麻酔下によっておこないます。
スケーラーポリッシング

全身麻酔って安全なの?

当院ではガスによる吸入麻酔を使用します。事前に血液検査をおこない健康状態を確認の上、状態にあった麻酔薬を使用します。
健康とは言え、老齢になれば麻酔の危険度は増します。若いうちに歯石除去をおこない、適切なデンタルケアーを心がけましょう。
症例及び処置前と処置後の写真

歯石除去前と処置後

歯石除去前歯石除去後

歯石除去抜歯前と処置後

歯石除去抜歯前歯石除去抜歯後

眼下膿瘍

眼下膿瘍
眼下膿瘍処置前眼下膿瘍処置後
眼下膿瘍処置前眼下膿瘍処置後