アレルギー性

アトピー性皮膚炎
アレルギーは、ダニ、カビなどのアレルゲンに対する免疫機能が過剰に反応してしまうために起こる病気です。このアレルギーの一種であるアトピー性皮膚炎は、アレルゲンに対する体の過剰反応で、遺伝要因と皮膚のバリア機能不全という2つの素因が関わっているのが特徴です。

接触皮膚炎
なんらかの原因物質の接触により生じた皮膚炎のことで、発症した部位に、発疹・発赤、紅斑、そう痒感、刺激感、小水疱などの症状がみられます。

ノミアレルギー性皮膚炎(粟粒性皮膚炎)
ノミが皮膚を咬み、吸血することにより発症するアレルギー性皮膚炎で、ノミの唾液中の成分が原因と言われ、背中に発生する痂皮と丘疹で痒みを伴います。

食物アレルギー性皮膚炎
食物のタンパク質に対する免疫反応が原因の皮膚の痒みで、若い犬で見られ、顔面や腹部が好発部位とされていますが、アトピー性皮膚炎と症状はよく似ていますが、違いとしては、1日3日以上の排便数と軟便・下痢を起こしやすいようです。

蕁麻疹
真皮上層の一過性の浮腫です。かゆみを伴いますが、赤色の浮腫は数時間で消失します。食品や薬、生活環境物質などによるアレルギー反応のものや、日光刺激、温熱や寒冷などが原因です。

猫蚊刺過敏症
蚊に刺された時に蚊の唾液によって起こるアレルギーの一種で、痒みを伴い、耳や鼻に脱毛や湿疹が生じます

皮膚病リストもくじ▲
内分泌系

副腎皮質機能亢進症
副腎からのコルチゾールの過剰分泌よっておこる内分泌系の病気で、脱毛や薄毛、膿皮症などの皮膚疾患がおこります。

雄性ホルモン性脱毛症
アンドロジェン過剰症は、過剰なアンドロジェン作用性ホルモンにより生じ去勢手術をしていない雄犬にみられ、一方で、去勢により雄性ホルモンが不足して脱毛する場合もあります。

甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンの分泌不足により、痒みのない脱毛を特徴としています。

成長ホルモン反応性皮膚症
成長ホルモン分泌不足によっておこり、痒みのない脱毛症が頭部と四肢端以外に起こります。特に体幹や大腿後側に起こります。ポメラニアンに多く見られます。

避妊・去勢反応性皮膚疾患
避妊・去勢手術などの手術をした後に、脱毛と角化異常が起こる皮膚の病気です。

毛を刈った後に毛が生えない皮膚の病気です。甲状腺ホルモンも関与しているようです。 毛刈り後脱毛症

皮膚病リストもくじ▲
上皮形成異常

亜鉛反応性皮膚炎
食事などからの亜鉛の摂取量不足や、消化管からの亜鉛吸収の低下によっておこる皮膚病です。 赤い湿疹が口や目の周りにできることが多く、毛の光沢がなくなったり、毛の色素がなくなったりすることがあります。

皮脂腺炎
皮脂腺(アポクリン腺)に起こる炎症性疾患の皮膚病です。強い痒みや脱毛、皮膚のかさつきなどがみられます。発症は全身でおこり、進行すると広範囲にわたることもあります。

角化症
皮膚の表面にある角質が正常に作られなくなっている状態をいい、硬く、ガサガサになるのも角化症の一つです。角化症の症状は、皮膚が乾燥してガサガサしている、フケが多い、洗ってもすぐベタベタになる、細かい皺が深くなって象の皮膚の様に硬く厚ぼったくなるがあります。

ビタミンA反応性皮膚症
ビタミンAが欠乏することにより発症する皮膚病です。脂漏状態は全身に広がり、体臭を伴い体毛も薄くなることがあります。

皮膚病リストもくじ▲
寄生虫

犬毛包虫症(イヌニキビダニ症、アカラス症)
毛包にイヌニキビダニが増加して寄生する寄生虫性皮膚疾患です。健康な状態であっても少数は寄生しており無症状であることが一般的ですが、免疫力が落ちると増殖し、痒みを伴う皮膚症状をおこします。

疥癬
ヒゼンダニが寄生することによって、強い痒みを伴う寄生虫性の皮膚病です。

猫の毛包虫症
ニキビダニが皮膚で増加することによって起こる皮膚病です。局所的症状と全身的症状の場合があります。

皮膚病リストもくじ▲
真菌

皮膚糸状菌症
皮膚や毛、爪などに真菌(カビ)が感染することによって起こる皮膚病です。症状があまりでないこともありますが、進行すると全身の脱毛、皮下の肉芽腫、痒みなどがおこります。

マラセチア皮膚炎
マラセチアはカビ(真菌)の一種で、湿度や脂質を好む環境ができたり、抵抗力が落ちていたりすると増殖していきます。外耳炎の原因の一つです。強い痒みや痛みを伴います。

カンジダ症
カンジダ属の真菌による皮膚疾患です。動物の外耳道や鼻腔、口腔、消化器、肛門、皮膚にも存在していますが、通常は病気を起こすことはありません。免疫力が低下した場合や、抗菌薬の長期投与により細菌が死滅し、真菌のみが生き残った場合、異常な増殖を示し、皮膚に炎症を起こします。

クリプトコッカス症
クリプトコッカスという真菌の感染によって発症する病気です。免疫力が弱まっていると発症しやすくなります。猫や犬や人にも感染する人獣共通感染症です。くしゃみや粘液膿性の鼻汁、血の混じった鼻汁など呼吸器系の症状や、元気消失、食欲の低下や、痙攣などといった様々な症状が見られます。

皮膚病リストもくじ▲
免疫介在性

全身性エリテマトーデス
全身にできる自己免疫性の皮膚疾患で、脱毛・紅斑・潰瘍・痂皮形成などが見られます。

落葉状天疱瘡
紅斑・脱毛、カヒなどをともなう自己免疫性の皮膚病です。全身で発症がみられる痒みを伴う自己免疫性皮膚疾患です。

尋常性天疱瘡
皮膚やロ腔内粘膜にできる小水疱性、および潰瘍性病変をいいます。最初は小水疱ですが、潰れると潰瘍に発展し、発熱・食欲不振などを引き起こします。 自己免疫性皮膚疾患です。

犬ブドウ膜皮膚症候群
眼、皮膚、毛の異常がみられる免疫性の病気です。一般的には眼の症状が皮膚よりも先に出ることが多いようです。

無菌性結節性皮下脂肪織炎
皮下脂肪に様々な理由によって炎症がおこることにより発症する免疫性の皮膚病です。ダックスフンドに多く見られます。

特発性耳介血管炎
耳介の周辺部におこります。ダックスフンドに多くみられます。脱毛や皮膚の黒い変色・壊死、潰瘍などが症状としてみられます。

皮膚病リストもくじ▲
ウイルス

猫皮膚ヘルペス感染症・皮膚カリシウイルス感染症
猫ヘルペスウイルスと猫カリシウイルスによって引き起こされる感染症のことで、特に目の周りにできることが多いです。他の猫クラミジア菌、ボルデテラ菌、マイコプラズマなどと一緒に感染することもあります。

皮膚病リストもくじ▲
    
遺伝性

家族性皮膚筋炎
遺伝性の皮膚と筋肉の疾患で、マズルやしっぽの脱毛や咀嚼筋の萎縮が起こる遺伝性の病気です。シェットランド・シープドッグやコリーに見られます。

下垂体性小体症
遣伝性の下垂体機能低下症であり、先天的にホルモン不足による成長不良に加えて被毛の異常、甲状腺や副腎皮質および性腺の異常を引きおこす病気です。

毛包形成異常
脱毛や、色素の凝集・毛幹の異常、乏毛症などの全身性の毛の構造異常などがおこる遺伝性の病気です。

黒色被毛形成異常症
黒色の犬または黒白の犬の黒い被毛部分のみにみられる毛包形成異常で、毛質の変形及び脱毛が特徴です。生後4週間位で症状がみられるようになり、ゆっくり進行します。毛は切れ毛様になり、貧毛になっていき、黒い毛が無くなるまで症状は続きます。遺伝性の病気と言われています。

カラーミュータント脱毛症
ブルーやフォーンなどの淡色毛でみられるまれな遺伝性疾患で、一般的に3歳くらいまでに徐々に発症し、虫食い状態と被毛の淡色化が見られ、被毛が薄くなるのに伴い、ふけがでて、ブツブツしてき、毛穴の細菌性の炎症を示し、脱毛します。毛包の発育異常とメラニンの形成障害を特徴とする遺伝性のものといわれています。

パターン脱毛
ダックスに多くみられ、両耳に痒みのない脱毛が生じます。

コッカースパニエルの特発性脂漏症
コッカースパニエルにみられる表皮、毛包、爪部分の角質化や角化の異常、脂漏症を特徴とする遺伝性の病気です。

皮膚病リストもくじ▲
心因性

円形脱毛症
ストレスなどが原因で毛包が休止期になり、抜けやすくなります。自然治癒することが多いようです。

化膿性創傷性皮膚炎
動物が自分自身で、舐めたり、引っ掻いたり、擦ったりすることによってできた皮膚の創傷性の炎症のことです。

心因性脱毛症
アレルギーなど他の原因物質によるものではなく、動物自身が自分を持続的に傷つけることによって起こるストレスが原因の創傷性皮膚病です。

皮膚病リストもくじ▲
細菌感染

深在性膿皮症
細菌が真皮と呼ばれる部分までおよんでいる皮膚病のことをいい、痒みもひどく、カサブタが出来て出血したり皮膚が部分的に厚くなったりすることもあります。

ジャーマンシェパード犬膿皮症
ジャーマンシェパード犬にのみにみられる膿皮症で、紅斑・紫色性湿疹や、脱毛、色素沈着などがみられ、痒みや痛みを伴うことがあります。

膿痂疹
若齢犬の毛がない皮膚に発症する皮膚病です。仔犬の腹部にみられ、全身的な感染や痒みの症状などはみられません。

表在性膿皮症
表皮と毛包内の角質層で起こる皮膚の表面の細菌感染をいいます。痒みやカヒ、充血がみられます。

咬傷
咬むことにより起こり、傷口から細菌が体内に入ることによって膿瘍ができることがあります。

皮膚病リストもくじ▲
その他

犬の座瘡(アクネ、にきび)
ニキビのようなもので、角質が拡大したものや毛包の周囲の炎症などがあります。

若年性フレグモーネ(蜂窩織炎)
幼犬の顔や耳介、下あごのリンパ節に肉芽腫ができる皮膚病です。仔犬にみられることが多く、鼻や唇、まぶたなど主に生じ、顔が急に腫れます。

外耳炎
原因はミミダニや、細菌感染、マラセチア感染、耳腺からの過剰な分泌物などによっておこる炎症性皮膚疾患です。

肛門フルンケル
肛門や直腸の周囲の組織が化膿し、肛門の周囲が悪臭を放つことが多く、排便を嫌がる場合があります。

休止期脱毛症と成長期脱毛症
成長期脱毛症は、代謝性疾患、内分泌異常などの原因でおこり、突然の被毛の脱落がおこります。 休止期脱毛症は多くの成長期の毛包が成長を停止し、毛が簡単に抜きやすくなります。

褥瘡(じょくそう)
褥瘡(じょくそう)は、寝たきりなどで起こる皮膚の一部が持続的に圧迫され、腰骨の突出した部位によく発症します。最初は充血がみられますが、進行すると組織の壊死と潰瘍がおこります。

セルトリ細胞腫
悪性の精巣腫瘍であり、脱毛や色素沈着などの皮膚疾患を伴います。

全身性組織球症および組織球性疾患
異常な組織球が皮膚や内部臓器へ浸潤するまれな疾患です。原因不明で、脱毛性丘疹や結節を伴います。

代謝性上皮壊死症
血管性肝障害、糖尿病、グルカゴン産生膵腫瘍(グルカゴノーマ)などの代謝性疾病に関与する皮膚疾患です。糖尿病性皮膚障害、肝性皮膚病症候群、遊走性表皮壊死性紅斑、表在性壊死皮膚炎などの種類があります。

薬物有害反応性脱毛症
ワクチンなどの薬物を皮下注射した部位に脱毛がおこったり、薬剤、防腐剤などに反応して皮膚病変をおこします。症状は全身性と部分性があります。

日光性皮膚炎
紫外線に長時間さらされることによりおもに、主にマズルに皮膚炎を発症しやすいです。

猫の座瘡(アクネ)
下あごに黒いぶつぶつした汚れのようなものがみられる皮膚疾患です。毛穴に皮膚の分泌物や汚れが詰まってしまうために起こります。

猫形質細胞性足皮膚炎
肉球が柔らかく腫れ、進行して肉球に潰瘍ができると出血などをともない、痛みの為に舐めたりします。

ノカルジア症
ノカルジアという放線菌によって引き起こされる化膿性肉芽腫性感染症です。

乳頭腫症
パピローマウイルスによる皮膚にできる良性腫瘍で、カリフラワー状になります。

猫好酸球性肉芽腫症候群
背中、内股、足の裏の肉球、唇などに硬いできものができる、痒みを伴う病気です。 主に、無痛性潰瘍、好酸球性プラーク、好酸球性肉芽腫があります。

皮角
皮角は硬い角のような盛り上がりが皮膚にできる病気です。四肢端の局所性にでき、良性のものが多いようです。

皮膚石灰沈着症
犬の皮膚のコラーゲン線維・弾性繊維が石灰化してしまうまれな病気です。潰瘍や斑点のような紅斑や丘疹などが症状としてみられます。

季節性体側部脱毛
体幹部の側面において、左右対称性の脱毛が周期的に発生します。冬から脱毛が始まり、春から初夏に改善します。原因はわかっていません。

白斑症(白毛症)
メラニン色素が次第に無くなり、白い毛が生えてくる病気です。遺伝や免疫が関与していると言われています。明確な治療は無く、ビタミンC 、葉酸、ビタミンB12などを与える場合もあるようです。

ループス様爪異栄養症
爪がぼろぼろになり、簡単にはがれ取れるまれな病気です。

多形紅斑
腹部にさまざまな形の赤い病変が現れる皮膚病です。薬や感染が原因といわれていますが、原因不明です。軽度のものから重度のものまで症状は様々です。

皮膚病リストもくじ▲