フィラリア予防

犬フィラリア症は蚊が媒介し、犬の心臓に虫が寄生する怖い病気です。
毎月1回、5月下旬から11月下旬の間、薬を飲ませるだけで100%予防できます。
フィラリア

感染経路

  • フィラリアにかかった犬の血を蚊が吸血
  • 血液中のミクロフィラリアが蚊の体内に入り、成長(感染能力のある幼虫に)。健康な犬の血を吸血する時、幼虫が体内に入り込む。
  • 感染
  • 幼虫は3か月かけて心臓や肺動脈に移動する。心臓にフィラリアが集まり、感染した犬は死亡
予防の仕組み

  • フィラリアにかかった犬の血を蚊が吸血
  • 蚊に刺されると幼虫が体内に侵入
  • 投薬により駆除
ノミ・ダニ予防

ノミ・ダニから愛犬、愛猫を守りましょう

ノミやダニが寄生すると、強い痒みを起こします。特にノミの場合は、ノミの唾液による、ノミアレルギーをひきおこします。子犬や子猫の場合、大量に寄生されると貧血を起こす可能性もあります。
また、ノミは腸内寄生虫(瓜実条虫)の運び屋でもあります。一方ダニも赤血球を壊す、バベシア病を運んだり、人にもうつるライム病などを媒介します。一番効果的な予防は、ノミ・ダニとも首の根元にスポットタイプのお薬を月1回たらすだけです。当院では、数種類の予防薬をご用意しておりますので、その子の環境・体重に応じて処方させていただきます。 お気軽にお尋ねください。

※4県(和歌山・福井・山梨・静岡)のマダニからもウイルスが確認されていますが、新たに京都府や東北、関東のマダニからも確認されたことが報道されました。ノミ・ダニ予防は早目に予防、対策することをお勧めします。